体がだるいと思っていたら貧血でした

私は30代なのですが、ここ最近育児をしていてもすごく疲れやすくて、すぐに横になりたくなるなということを感じていました。子どもが二人いますし、年齢的なものかなと思っていたのですが、同じような症状を周りの人に相談してみると貧血になった時に同じような状態だったという人がいて、一度血液検査をしてみようと思い内科に受診に行きました。

内科で血液検査をしてもらいその結果を聞いたのですが、私の場合は重度とまではいきませんが、軽く貧血になっていたようでこのためにだるさやめまいなどを感じていてしんどくなっているということが判明しました。

貧血になるという人のイメージは細くて痩せているというイメージを持っていたのですが、私は普通体型で貧血になる自分を想像したことがなかったので、そうなんだとびっくりしました。

食事でなるべく鉄分を摂るということを言われましたが、食事ではなかなか解決できないこともあるということで、鉄剤も処方されて内服することになりました。
鉄剤は毎日一度内服する形でやっていましたが、食事療法よりは効果が早く出ると言うことでとりあえず1ヶ月間内服してみることにしました。

それをふまえてもう一度血液検査をしたところ、血液の値が正常値になっていることがわかり、貧血が解決できていることがわかりました。
貧血になってわかったのは貧血になることがこんなにしんどいのかということでした。解決した結果として、子どもと遊ぶ時に元気が戻ってきましたし、家事も普通にできるようになりましたし、元気に過ごせるようになりました。

これからは貧血予防に気をつけて鉄分をたくさん摂れる食事をして、気をつけていきたいなということを実感しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*