血液検査しても貧血とは言われない貧血でも対処しなきゃ不安

時折り、ふら~っとすることがあります。立ちくらみというんでしょうか。何気なく立ち上がった時や、ふと振り向いたりする動作をした時に感じる感覚なんです。

「それって貧血なんじゃない?」と先輩に言われて、病院で検査もして貰ったんですが、特に治療を要するような数値ではないと追い返されてしまいました。それでも、数値的には少し低めだったようですが、貧血対先として何かしないと行けないようなレベルではないとのことでした。
心配ないと言われても、時々襲われるこのふらっと感は、経験したものでないと分からないと思います。もし何かの作業中に意識を失ったら、バタッと倒れてしまったらと思うと、不安が募るばかりです。


気休めになればと、安価で売ってるサプリの鉄剤を飲んでみることにしました。一応、少しでも吸収が良いとわれてるヘム鉄のものにしました。飲んでいる間は、特に気にもしなかったんですが、きっと調子が良くなっていたんでしょうね。サプリが切れたことを気にもしなくなっていた所、また症状が現れてしまいました。そうなるともう、あの鉄剤のサプリが効いていたとしか考えようがありません。それ以来、特に梅雨入り前から秋口までは、欠かさないように気を付けるようになりました。
とは言っても、サプリにばかり頼るのもどうかなのかという心配もあります。鉄分がより効率的に摂れて、自分自身の嗜好に無理のないものも、貧血予防のために平行して試してみることにしました。
幸か不幸か昔から好きだったプルーンが、一日3粒食べれば十分と言われていることを知って、早速常備するようにしました。出来れば生のプルーンを食べたいところですが、どうやらドライの方が良いとのこと。それなら、季節を問わす気楽に購入できますし、お財布にも負担を掛けなくて済みます。
とりあえず今のところは、鉄剤サプリとドライプルーンで貧血を意識することなく過ごすことが出来ていますが、折に触れての病院での検査だけは欠かさないでおこうとは考えています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*