貧血になりやすい時期があります

私は、健康診断などの血液検査で数値で引っかかってしまうという事は無いのですが、一か月の中でも貧血の症状が出やすい時期があります。それは生理前、中、後の辺りです。「立ちくらみ」が何度かあったり、座っていても「ふと意識が遠くなる」感じがする、目の前に星みたいなものがちらつく(星が飛ぶ、と言うもの)などが主な症状です。何となく血の気が無いな、という時に鏡で、瞼の下を見ると、赤っぽさが無いとか唇の色が紫に見える時もそうなのかな?と思います。
貧血といえば、手軽に食べられるのは「干しブドウ」です。プルーンは良いとは分かっていても、常に買ってあるものでは無いので、手軽さから言うと菓子や料理用に買ってあるレーズンをつまんだりします。それから、先日、料理用の「無塩くるみ」の袋の裏を見たら、鉄分豊富だと書かれていました。「そうなのか!」と、以来、レーズンに加え「クルミ」もつまんでいます。後は、意識して「ほうれん草」のお浸しを食べる、など、食べ物からの摂取を心がけてはいますが、それでも「貧血」が気になるという時は、サプリメントの力を借りています。ドラッグストアやコンビニエンスストアなどに必ずあるDHCの「鉄分」や、アサヒの「ヘム鉄」など。鉄分の錠剤は金属の味がして独特ですが、体の為と思い我慢して一気に飲みます。半端に飲んだり、止めたりしては効果が出ないと思い、飲むと決めたら半年は続けます。続けていると「そういえば、最近、立ちくらみが無くなった」と改善されている事に気づいた時は嬉しいです。理想は、「鉄瓶」で沸かしたお湯を日常的に飲むこと、なのですが手入れなどが面倒に思えて、こればかりはなかなか実行できずに居ます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*