貧血でふらふらしてくる

最近は貧血なのか、いきなり立ちくらみをしたり、視界が一瞬真っ白になったりします。
ちょっと不安になります。

特に女性なら月経時に貧血になりますね。
特に多い日が1日中ふらふらしていて、仕事が手につきません。
ずっと寝てたくなりますね。
なので、忙しくない時は休める時は休むようにしています。

きちんと休んでから集中して仕事はしたいですね。
でもいつまでも貧血だからと休んだり、身が入らないのは困るので、予防はしていきたいなと思ってます。

鉄分をとることが大事なので、鉄分がとれる野菜など食材を食べていきたいです。
ほうれん草を食べたらいいと聞いたことがあります。
ほうれん草なら美味しいし、気軽に食べられますよね。

また飲み物にも気を使うべきだと思っています。今は貧血に効く飲み物もたくさんあると思うので、上手に活用し対策したいです。
続きを読む

昔から低体温で貧血気味の日々

もともとの体質で貧血になりやすいのか

子供のときにから、気がつけば平熱がいつも35℃台でした。36℃台は私にしてみればちょっと熱がある状態です。それでも、学生の頃は運動部に入り、体力もありました。社会人になっても風邪を引くことも少なく、皆勤賞を何度かもらったくらいです。
しかし、健康診断に行くと少し貧血気味という診断をされていました。確かに顔色というか、肌の色自体が青白いのですが、もともとの体質だと思っていたので、貧血と言われてもぴんときませんでした。
今から考えると、体が貧血気味の状態に慣れてしまっているのだと思います。急に貧血になったのではなく、昔からなのでそれが当たり前で、それが自分の体調でもベースになっているので、具合が悪いとも特に感じないのだと思われます。
一度献血に行ったのですが、血を抜く前の診断で、貧血気味のためできないと言われました。自分としては少しくらい献血しても全然問題ないと思っていましたし、体調的にも悪くなかったのでがっかりしました。

30代を過ぎてから体調に変化が

昔から貧血気味の体調と問題なく付き合ってきましたが、30代を過ぎた現在、少々体調に変化が見えています。
遠出をしたときなどに、疲れると顔色が真っ白になってふらつくことがたまにあります。座ってしばらくすれば回復してくるのですが、明らかに貧血だと思います。顔から血の気がさーっと引いて行くのを感じます。
これまでは若さでカバーできていましたが、年齢と共にそれも厳しくなってきたと感じます。意識して貧血に良いものを食べなければならないと思うようになり、ほうれん草やレバーを取り入れています。
けれどふと思うのは、子供の頃の方がたくさんご飯を食べていました。好き嫌いもしていなかったですし、運動部にいたこともあり、普通の量よりも多かったと思います。それでも貧血気味だったことが謎でもあります。
やはりもともとの体質なのだと思います。そういえば、お医者さんにも貧血気味ではあるけれど、病気というわけではなく、日常生活に支障がなければ大丈夫と言われました。

貧血のせいで職場で倒れて大事件!

職場で貧血に襲われた!

私は元々貧血になりやすいタイプでした。朝から目の前が暗くなったことは何度もありますし、いつもフラフラするこの体質に困っていました。
でも最近はそれが酷くなってきていて、以前まではそこまでじゃなかったのに、外出先でも貧血で倒れそうになります。この間なんて、職場で貧血に襲われて、ぱったりと倒れてしまったのです。目の前がブラックアウトして気づいたら人が集まっていました。ものすごく迷惑をかけたと思います。
職場は一時騒然となったらしくて、気づいたら職員さんたちが心配そうにして私を見ていました。私はその後一時帰宅して休養を取ることになりました。本当に周りの人には迷惑になったと思って反省しています。
職場で貧血になって倒れるのはこれが初めてで、そのときやっと周りの人に貧血体質だということを話しましたね。話したら「もっと早くに行って」と結構きつく怒られました。周りの人は本当に優しくて、私にそれほど強くは言わなかったですが、とにかく迷惑をかけました。

貧血が頻繁にあるので、心配されている

それからも貧血が結構頻繁にあって、周りの人からはとても心配されています。「病院に行った方がいいのではないか」とかも言われていて、ちょっと心配しすぎなほどです。
私的には昔からのことなので、そんなに重く捉えなくても大丈夫だと思うのですが、最近はちょっと貧血が多すぎるかなと思っていて、ちょっとだけ不安はあります。
貧血というのはそこまで重い症状ではないのですが、やっぱり何度もあると心配されますね。私はそこまで重くは捉えていないのですが、周囲の人は重く捉えているようです。周りがあまり貧血にならない人が多いために、私の状態をかなり心配してくれて、なんだか悪いくらいです。
これ以上心配をかけてはいけないと思うので、そろそろこの貧血を抑えたいですね。そして周りに迷惑をかけずに、心配をかけずに健康的に過ごしたいなと思っています。そのために貧血にいいレシピを探して食べるようにしていますね。効果はまだ全然ですが続けたいです。

貧血防止にヨーグルトを飲む

昔から悩まされる貧血

貧血には昔から悩まされているんですが、最近はなんとか対処できるようになったかなと思います。だって中学生の頃倒れかけたことありましたもんね。あのときは確かお昼ごはんを食べて立ち上がった瞬間、目の前が真っ暗になってその場にしゃがみこんだのでした。今思うとあれでよく倒れなかったなって思うし、ひとりで保健室に行けたのはすごいなと自分で自分を褒めたくなります。その経験をしてから貧血は怖いものだという印象が強いのでちょっと貧血気味だなと思ったときには立ち上がったり起き上がったりするときにゆっくり動くことを心がけたりして気をつけています。でもやっぱり個人的に効果があるなと感じるのはプルーンの飲むヨーグルト。一応一日分の鉄分がとれるらしいので、なんかふらついたり困ったときはいつも飲んでいます。なんとか効果なのかもしれませんが、なんとなく飲んでいると調子が良いのです。この間もコンビニで買って飲んでスッキリしました。

ヨーグルトが売っていなくてピンチ

そんなプルーンヨーグルトが売り切れてるときがあるんですよね。美味しく鉄分が摂れるので好きな人は好きなんだと思いますが、あれは毎度困ってしまいます。あー血が足りないよーっていうときにないとがっくり肩を落としちゃうんですよね。この間もないことがあったのですが、そのときは食べる方のヨーグルトで妥協しました。家に帰って食べたから良いのですが、出先だと食べられないですよね。本当はプルーンを食べればいいのでしょうけど生のままなんてあまり見ないですし、ドライフルーツはあまり得意ではありません。前に貧血のために食べなさいともらったことがありましたが、なかなか食が進まずにだめにしてしまったことがありました。体に良くても美味しくなければ続かない、ということをしっかり学ばせてもらった出来事でしたね。サプリメントにはなんとなく頼りたくないので、もっと手軽に鉄分を摂れるお菓子とかないかなと日々探しています。そもそも体質を改善するところからはじめるのも良いのかもしれませんね。

たまになる貧血と対策方法

鉄材を家用と外用に用意

私はときどき、月に1回なるかならないかのペースで貧血になります。
貧血になっちゃうと動くたびフラフラとして足場が定まらないときがあるのでそういうときのために鉄材を買って家に一瓶置いて貧血になったら飲むようにしています。
消費のペースは60錠(1日2錠のみの飲用)で、4カ月ほど持ちます。
外用として用意しているのは30錠入りでパウチに入っているタイプなので携帯性に優れていて職場で貧血の症状が出た時にすぐ飲めるようにしています。

貧血になってしまうと眠くて仕方なくなり、夜の時間帯で7~8時間眠っていても昼間にはまた眠くなって布団に入って眠ることもよくあります。
調べてみると貧血と眠気には関連性があることがわかり、血液の酸素が足りなくなって脳の活動が鈍くなるのが原因だと知りました。

ある程度寝たら少しは回復するので、貧血になっている間はこまめな水分補給とお(ビタミン)肉の摂取+ビタミンサプリ+鉄剤で凌いでいます。

日常的な貧血対策

ふだんから貧血を避けようと、していることがいくつかあります。
それは肉類の摂取です。
私の場合は貧血にとくにいいとされるレバーの味がどうにも苦手なので、豚肉や鶏肉を中心にして日常的に食べて貧血にならないように気をつけています。

野菜や魚介類でも同じでこの時期はブロッコリーや牡蠣が貧血対策には有効なので、よく食べています。ブロッコリーには造血作用があって食欲がないときでもあっさりとしているため食べるのが楽です。

牡蠣にも造血作用があり亜鉛やタウリン、アミノ酸などのたくさんの栄養素が含まれているため冬場に貧血になったら牡蠣を食べることもあります。

以前は毎日貧血対策として鉄剤を飲んでいたのですが、過剰摂取からニキビが顔にできるようになって「鉄剤を飲むのは貧血になりそうなときだけしよう。」と思い生理前後の間だけ飲むようにしています。一時的に飲むようにしてからはニキビが減少したので、鉄剤にばかり頼りすぎないようにしています。

公共交通機関を多用する本当のワケ

通勤用の自家用車を両親に譲り渡したのは、私が仕事をアーリーリタイアしたわけでも専属の運転手を雇ったわけでもありません。ある日を境に足元がふらつくようになったので病院で診てもらったところ、貧血気味であることがわかったからです。自動車を運転するには万全の健康状態でなければならないと私は考えているので、通勤用の一台を手放したというわけです。その代わりに利用しているのは、バスと電車という公共交通機関です。

続きを読む

貧血でふらふらしてしまうということが実際にあるとは

よく朝礼中に貧血で倒れるなどの場面をテレビなどや本などで見かけることがあり、弱々しい感じで女の子らしいなと憧れのようなものも抱いていた。
でも実際に自分が貧血になって同じような状態になると、全然良いものじゃないなと心底実感したわ。

私は元々貧血を持っているタイプで何度か貧血になっていたんだけど、その度に鉄剤などを処方してもらって回復してきた。
その貧血がまた襲ってきていて、何となくやばい体調だなと思いながらも、子ども二人いるから病院に行く時間がなく過ぎてしまった。

続きを読む

久しぶりに貧血になった

この間、久しぶりに貧血になりました。
朝起きてごはんをたべていたら急にふらふらっと来ました。あっこれは貧血だな……とすぐ気づいたので、机につっぷして休息をとりました。何とか倒れずに済みましたが、久しぶりなので結構怖かったです。
若いころはわりと貧血になり易かったんですが、最近はなかったのでびっくりしました。まあ大事にならなくてよかったです。貧血でいきなり死んだりはしないですが、倒れたら頭を打つ可能性がありますから。

続きを読む

私が知っている貧血

小学生から高校生のころに、ちょっと貧血っぽかったことがあります。
小学生のときは学校の集会で立って先生の話を聞いているときに、必ず誰かが倒れていました。バターンという音がするたびに「またか・・」と思っていました。冷たい子供でした(苦笑)。すぐそばの子が倒れたときは、さすがに心配しましたけど・・。

続きを読む

いつの間にか貧血キャラになってた

小学生の頃、朝礼で校長先生の話が長くて倒れる児童が居たのね。
当時はなんかマンガみたいな奴だな~って思ってたんだけど、あれって普通に起こる事なんだね。

こないだ友達とカフェ行ったんだけど、話がめっちゃ長いのね。
しばらく座って聞いてたんだけどトイレ行きたくなって、そんで立ち上がった時に物凄い立ちくらみしてさ。
軽く吐き気まであって参った。
友達は心配してくれるどころか「つわりですか!?」みたいに茶化してくるからね。
付き合い方を考えようと思ったわ。

まあ私、立ちくらみとかよくあるから、最初はもちろん心配しててくれたけど、何度もあるから慣れちゃったんだろうね。
続きを読む

体がだるいと思っていたら貧血でした

私は30代なのですが、ここ最近育児をしていてもすごく疲れやすくて、すぐに横になりたくなるなということを感じていました。子どもが二人いますし、年齢的なものかなと思っていたのですが、同じような症状を周りの人に相談してみると貧血になった時に同じような状態だったという人がいて、一度血液検査をしてみようと思い内科に受診に行きました。

内科で血液検査をしてもらいその結果を聞いたのですが、私の場合は重度とまではいきませんが、軽く貧血になっていたようでこのためにだるさやめまいなどを感じていてしんどくなっているということが判明しました。

続きを読む